FC2ブログ

LoveElectric

ラヴエレクトリック

FINAL TERA DAYカウントダウンサイトがOPEN

2011.07.14

category : TERA

tags : FINAL TERA DAY 秋葉原 カウントダウン オープンβ イベント

comment(0) trackback(0)

FINAL TERA DAYカウントダウンサイトがOPENしましたね。
7月30日に秋葉原で開催されるTERAのイベントの開催に関してのカウントダウンらしいです。

最近オープンβの開始はいつからなのか!?とネット上で色んなユーザーの声を目にしますが
パッケージの発売日も7月29日であることを考えると、パッケージ発売後にオープンβが開始っていうのが濃厚っぽいですね。
日付が決まるのは嬉しいですが、出来ればパッケージ購入前にオープンβをプレイしたかったなぁっていうのが本音です(ToT)

TERAFINAL1.jpg

FINALTERADAY.jpg

今回はちょっと太っ腹な企画があってTERA公式Twitterアカウントである【 TERA_JP 】をフォローしてつぶやくとTERA推奨モデルのノートPCが毎日1名に当たるとのことです。
正直デスクトップだとそこまで欲しいとは思わなかったもののノート型は欲しい♪
寝室でプレイする時用に使いたいなー!
まぁ、当たることはないでしょうが何もしないと可能性は0のままなので期待を少しだけ込めてツイートしました(^-^)
毎日1台ってことは7月30日までとなると計17名の人に当たるってことかな?

TERAFINAL2.jpg




くまとれす

スポンサーサイト



カクつきを無くし、より安定した動作を目指す

2010.09.18

category : PC設定

tags : ゲーム FF14 オープンβ FPS制限 カクつき Bandicam

comment(2) trackback(0)

グリダニアクエスト


今回はゲーム内でのカクつきはどの様な時に発生するか?ということについてと
カクつきの解消法について書いてみました。
どちらかと言うとミドルエンド辺りのPCを使用してる人向けな内容かな?
もしくはグラフィック等の設定を高めにしてる人で動作が安定せずガクガクしていしまうって人には
参考になる点もあるのではないかと思います。
60FPSをほぼ維持出来る環境の人には今回の記事は全く役に立たないかも。(´・ω・`)

・極度のカクつきはどの様な時に発生するか?   

一般的にゲーム内での極度のカクつきはフレームレート(FPS)の極度の可変によって発生します。
動作の滑らかさは高いフレームレートであればあるほど滑らかな動作をしてくれるのは当然ですが
いくら高いフレームレートが出てもその数字を維持出来なければ全く意味がありません。
カクつきの要因としては↓の様な例も考えられますが今回はフレームレートの変化によるカクつきについて触れています。

・HDD等の読み込みの動作スピードによる表示の遅れ
 (オブジェクトやキャラの表示が遅れることはあってもカクつきに繋がるかはちょっと微妙かも)
・オンラインゲームでは回線の状態、もしくは自分との回線の相性が悪い相手がいたりすると
  自分以外の人がカクカク動いていたり見えたりワープして見えたりすることがあります


------------------------------------------------------------------

3つのパターンを例にとって比較してみます。

①.30FPS固定で全く数値が変化しない状態

②.FPSが30~60の間で常に著しく変化してる状態

③.60FPS固定で全く数値が変化しない状態


                     1位        2位        3位
快適さの順で言えば ③(゚∀゚)  ①(^▽^) ②('A`) の順となります。

FPSの数字の高さだけを見れば③、②、①となりますが
あくまでも高いFPSの動作が滑らかなのはそのFPSの数値を変化させずに維持出来ている時だけです。
よって、FPSは低くても全く数値が変化しない①はずっと一定の動作で動かすことが出来る為、FPSが変化してしまう②より快適に動きます。

②は平均的なFPSは①より高いものの、FPSが常に変動してる状態ですので
その数値が変わる度に画面がカクついた状態になり、1~10程度の変化だと気にならないですが、FPSが一気に20程下がってしまったり極端な数値の変化が出ると画面の動作の方も急にカクンと途切れた様な状態になってしまい
結果としては①より高いFPSであるに関わらずカクついた動作になってしまいます。

それではどの様にしてFPSを安定させるか?ということで次に進みます。

--------------------------------------------------------------------

・自身のFPSを知り、FPSの制限をかけてみる

FPSが変化しないように安定させる為にはどうすればいいか?
手っ取り早いのはFPSに制限をかける。
まずは自分のマシンでゲームがどの程度のFPSで動いているか知らなければなりません。
FPSを表示してくれるソフトはいくつかありますが
今回は鰤社長に教えて頂いたFPSの表示、制限どちらもこなせるBandicamを使用してみたいと思います。

バンディカム
フレームレート表示にチェックを入れて表示します、FPS制限をかけたい時は同じくチェック

ffxivgame+2010-09-13+01-29-55-867_convert_20100914161813.jpg
こんな感じに右上に表示されます(設定により表示場所は変わります)

まずはこれを使用してFPSを表示しながらプレイしてみます。
(どれ位のFPSが出るかのテストなので制限はまだかけないでおきます)
テストのお勧めの場所はFF14で言えばウルダハやリムサ・ロンサの人がそれなりにいる場所を走り回るのが良いと思います。
そこそこ重たくなる程度がベストです。
FPSを表示しながら走り回って重たい場所でどれ位のFPSが出ているのかチェックします。

次に同ソフトを使用してFPSに制限をかけてみます。
FPSに制限をかけて上限を下げることによってFPSの可変を防ぎ数値を固定出来るようにするのが目的です。
設定方法としては
走りまわってた時に表示されていたFPSがほぼ60を維持出来てるようであれば特にこちらのソフトで制限はかけずとも垂直同期の設定だけ出来ていれば問題は無いと思います。
逆にほぼ60以下の状態になってしまう場合は思い切って30FPSまで制限をかけた方が安定性はグッと増すようになるはず。
もし重い場所でFPSが30を切ってしまうようなことが頻繁にある場合は設定をもう少し軽くしてFPSの底上げをした方が良いと思います。

ちなみにウィンドウモードでプレイしてる場合はある程度FPSが下り30に近い状態になるとFPSを30で自動で固定してくれるようです。(完璧ではないですが)

これで再度テストしてみてFPSがほぼ変化しなくなればOKです。
ちなみにBandicamを起動した状態でFF14を起動しないとFPS制限は効きません。
(´・ω・`)


またFPSの底上げをしたい場合は
CCC(GeforceならNvidiaコントロールパネル)とFFXIVConfigの設定を少し下げてみたりして調整すると良いと思われます。
以前書いたこちらの記事も参照してみてください。
各設定項目の詳細については鰤社長のブログが大変参考になりますよ。(・∀・)

ランク30のギルドリーヴに行ってきた。

2010.09.17

category : FINAL FANTASY XIV

tags : ゲーム FF14 オープンβ ギルドリーヴ 30

comment(0) trackback(0)

picture.jpg
リーヴ前の一枚、LSメンバーのヒューラン♀さんのサブリガ後ろ姿、エロスを感じます。

今日はクラスランクを20以上で受けることが出来る30リーヴとファクションリーヴをお手伝いで参加させて頂きました。
共にリムサ方面のリーヴです。

まず最初はファクションリーヴから
賞金首『白狼のパラズズ』に挑戦。

狼を倒すミッションですね。

白狼のパラズズtitle

NPCと会話した後、マップの示された場所へ行くと多数の狼が出現。

1白狼のパラズズ

雑魚狼をある程度の数を倒すとボスである白狼のパラズズが現れました。
ここで驚いたのが
狼の群れのボス白狼のパラズズは狼では無く可愛いララフェル♀だったという…。(゚д゚)!

2白狼のパラズズ

特に危なげなく戦闘は終了、ララフェル好きな自分としてはちょっと可愛そうでした。(つд⊂)エーン
先日行ってきたグリダニアのファクションリーヴのシルフ戦と比べるかかなり楽に終えることが出来ました。
同じファクションリーヴでも難易度が極端に違うなと感じた一戦でした。


2戦目はギルドリーヴ30クラスの羊さん退治です。
この羊さんはリムサなどでよく見かけますが、人懐っこいのか人が戦闘してる時によく寄ってきますw
30リーヴはかなり難易度が高いと聞いていたもののこの羊さん退治はあっさりと終了w

アルデゴート・ナニーtitle

羊

実はこの後、もう一戦30リーヴをやりましたが、かなり忙しかった為SSを撮るのを忘れてました(つд⊂)
デカいベルゼブブの様なハエを倒してアイテムを規定数集めると
ボスであるカクターが出現し、最後はそのカクター様を倒して終了。
何故ハエ達のボスが全く関連性の無さそうなカクター(サボテンダー)だったのかは不明です・・・。
敵自体はそこそこな強さだったもののアイテムを中々ドロップせず
あっちいったりこっちいったりの長期戦となり
今日挑戦したリーヴの中では一番苦労させられたかも・・・。(;´Д`)


私も本日、剣闘士のランクが20になり30のギルドリーヴを6つ程受けましたが
グリダニアのリーヴということもあり、本日は見送りました。
後日にでも面子の方が集まるようであれば挑戦してみたいと思いますが
LSで集まりそうに無い時はグリダニアにてシャウトで募集をかけてみようと思いますので
その時はギサール鯖の皆さん、どうぞよろしくです。(´∀`)


オープンβテストも残り4日程度となりました。
私自身は目標としてたクラスランクを20まで上げる事が出来たので
残りの日数はまだ未挑戦のギルドリーヴなどをこなしつつ、マターリ過ごしますヽ(´ー`)ノ。

オープンβの近況

2010.09.14

category : FINAL FANTASY XIV

tags : FF14 オープンβ ギルドリーヴ NM PvP

comment(2) trackback(0)

ffxivgame 2010-09-05 09-21-03-674

オープンβが開始されて2週間となりました。
FF14の先行発売の方の発売まで約1週間弱といった所でしょうか。
毎日こつこつとプレイして楽しんでます。
少しづつではあるけどちょっとした仕様変更などがメンテの度に行われているので
徐々に良い方向に向かってるのではないかなと思ってます。

製品版のレベルキャップについて発表がありました。
キャップは50となってるようです。
そのうち徐々に上限もUPしていくのでしょうが、クラスランクの50は結構時間がかかりそうな予感。
フィジカルはあっという間に到達してしまいそうだけどね。(;´w`)

その他にも
・共同クラフトなるものが導入
・髪型は変更可能
・NM(ノートリアスモンスター)実装決定。
・PvP実装決定(対人戦)
・ギルドリーヴの受諾間隔が短縮、アニマの回復スピードも早くなるらしい。
・22日、午前10時よりスタート。

これらの他にも色々とありましたが特に気になったのはこの辺かな。

私は現在フィジカルランクが22、クラスランクが剣闘士で19で
20までもうひとふんばりなので近日中に30リーヴを挑戦出来るようにする予定です。
LS内でもまだ未知の領域なのでかな~り楽しみです♪(*´3`*)

ffxivgame+2010-09-13+01-29-55-867_convert_20100914161813.jpg
リムサの辺境キャンプ、「アイアンレイク」のミコッテさん、素敵ですね(*´Д`*)

ここ数日プレイでマイブームになってるのはギルドリーヴの20~以降のソロプレイですね。
余程きつい物でない限り8割位のリーヴ20はソロでこなせるようになってきました。
ただ、相変わらず蔵落ちと言うものが存在するお陰でクリア目前で落とされ失敗になってしまったりと
リスクも高いですが修練値の稼ぎやすさはとても魅力です(*´д`*)

ffxivgame+2010-09-14+01-11-08-404_convert_20100914160614.jpg
LSメンバーと一緒にギルドリーヴ、私自身は初の蟹討伐でした。

ffxivgame+2010-09-11+20-48-27-238_convert_20100914161300.jpg
グリダニアのトランキルでのファクションリーヴでのシルフ戦、とにかく固いし、回復するわで苦労しました。

通常のリージョナルリーヴのポイントを貯めて受けることが出来る
ファクションリーヴ?の方もLSメンバーに誘われて行ってきた。
通常のギルドリーヴより敵が歯応えありました。
メンバーのみなさんが強いので無事にクリア!
装備品は2つ程ドロップしました。

ffxivgame+2010-09-14+04-47-22-745_convert_20100914160714.jpg
リーヴで稼いだお金でウルダハの骨董品屋で売られている兜を購入しました。

FF14 ティアリング回避&RadeonHD5870で常時FPS60を目指す設定

2010.09.05

category : PC設定

tags : ファイナルファンタジー FF14 オープンβ Radeon HD5870 ティアリング

comment(17) trackback(0)

ffxivgame 2010-09-04 18-50-16-575

今回はHD5870においてのFF14のプレイで常時FPS60を目指す設定方法
また高いFPSでよく発生するティアリングの回避法について紹介しています。

ティアリングとは---------------------------------------------

一画面に複数のフレームが表示されることで、歪んだり
ちらついて横に線が入ってるかの様に見える現象。
PCゲームのようなフレーム更新頻度が高いソフトウェアで特に問題となる。
VRAMの書き換えとモニター表示の更新で同期がとれていないことが一般的な原因。


-----------------------------------------------------------------

FF14のオープンβを始めて最初に悩まされたのがこのティアリングでした。
CCCとFF14configの設定で高FPSを維持して快適に出来るようになったものの
動きがサクサクになればなるほどティアリングが頻繁に発生するようになり
逆に思いっきり画質重視な設定でFPSを下げれば、ティアリングの頻度は下がるものの
エーテライトなどの人の多い場所では重くなる上、高画質よりな設定はGPUへの負担も大きいので発熱も高くなります。

パフォーマンス重視、画質重視、いずれの設定でもCCCで垂直同期は常にONにしていますが
それでもティアリングは発生してしまいます。
(私の環境では)
CCCにおいての垂直同期の設定はGPUへの負担を下げることに関しては効果はあるかもしれませんがティアリングに対しての効果に関してはFF14では微妙な様です。

そこで今回は他のPCゲーム等でも使用されている
Direct3D Overriderを使用しました。
Direct3D OverriderはRivaTunerをダウンロードすると一緒に入っている垂直同期のツールです。

direct3d overrider2

Start with Windows

これはONにしておくことによってPCを立ち上げ時にDirect3D Overriderを自動的に起動してくれます。

Force VSync

垂直同期のON,OFF 勿論ONに設定します。



これをクリックするとPCから各ファイルを参照して上のリストの中に入れることが出来ます。
ここではffxivgame.exeを選択してリストに登録します。


※このソフトの設定は各アプリケーション毎に個別になってるので
手順としてはまずで対象ファイル(ffxivgame.exe)を選択してからForceVSyncやトリプルバッファ等の設定をして下さい。

トリプルバッファはONにするとモニターのリフレッシュレートよりFPSが低くなった時に
ある程度FPSの下降を防いでくれる働きがあります。
ONしても下がる時は下がるので、あくまでも下がりすぎるのを防ぐ
補助の役割だと思ってもらった方が良さそう。
普段プレイしていて頻繁に動きに問題が出る程下がらない限りはOFFで良いんじゃないかなと個人的には思ってます。
その方がGPUに優しいと思うのでw(´∀`)
因みにこの機能はFPSがリフレッシュレートより下がった時に
下がってしまったFPSをリフレッシュレートと同じ数値に戻そうとして作用するものなので
当然ながら垂直同期をOFFに設定してるとトリプルバッファはONしていたとしても作用しません。


これで現在はティアリングが全く発生しなくなりました。
勿論、効果に関してはPC環境によっても変わってくると思いますが、だいぶ改善されるのではないかと思います。

※ティアリングは改善されたが、これによってゲームが重くなったという方は一度PCを再起動してみてください。
それでも直らない場合はCCCとffxivconfigの設定を見直してみることをお勧めします。




次はFF14プレイ時に1920×1080の解像度でFPSを常時60でプレイ出来ること目指す
ということを前提にCCCとffxivconfigの設定を行いました。
長くなるので各設定の説明は省かせてもらいます。<(_ _)>

FF14OβCCC設定

FF14config1.jpg


FF14config2.jpg

CCC、ffxivconfigと共にパフォーマンス重視な設定なので、あまり面白味はないかもしれないけど
負荷の少ない項目に関してはグラフィック優先に振っています。
解像度が高いということもあり、この設定でも充分に綺麗だと思う。
フィールドはもちろん街の中でも人がそこまで混んでいない場所であれば、常時FPS60をキープ出来て
とても滑らかに動いてくれます。
エーテライト付近や極端に人が多い場所では無理ですね、、、エーテライトでは時間帯によっても違いますが35~50位まで下がってしまいます、それでも極端なカクツキは無く満足出来る動きをしてくれてます。

動作に関しては、設定以外にもPCのCPUを含む各パーツの違いや、その他にも様々な要因があるので
必ずしも同じ効果を得ることが出来るとは言えませんが
HD5870を使用してるけど重い、カクカクしてると感じてる方は是非一度お試しあれ~。( ・∇・)b
=カレンダー=
 
プロフィール

Bedrock

Author:Bedrock
北海道札幌市に在住
法人向けソフトウェアに関する仕事に携わってます。

日常、ススキノライフ、ゲームに関する記事が中心となってます。

どうぞよろしく( ・∀・)っ旦

☆YOUTUBE☆

     
YOUTUBE マイチャンネル

当サイトはリンクフリーです。相互リンクの方も是非お願いします♪(´w`)ノ"

=BlogLink=
= Twitter =
= amazon =
最新記事
カテゴリ
メールフォーム
ご意見、要望はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright ©LoveElectric. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.